DeadPixelTest.org > 画面のデッド ピクセルをテストする方法を教えてください。

画面のデッド ピクセルをテストする方法を教えてください。

デッド ピクセルは、1 つのピクセルが入力に応答しないか、点灯または消灯したままで、単一の色を表示する場合に発生するディスプレイ画面上の欠陥です。デッド ピクセルの詳細については、当社のデッド ピクセルとは何かに関する記事。デッド ピクセルのテストは、ディスプレイ画面の寿命と品質を確保するために重要です。デッド ピクセルは、長時間ディスプレイを見ていると、視聴体験を損ない、眼精疲労を引き起こす可能性があります。

この記事では、画面でデッド ピクセル テストを実行するプロセスについて説明します。コンピューターのモニター、スマートフォンの画面、またはテレビのディスプレイのいずれを使用していても、デッド ピクセルをチェックする方法は一般的に同じです。このガイドに従うことで、画面にデッド ピクセルがあるかどうかをすばやく簡単に判断し、必要に応じてそれらを修正するための適切な措置を講じることができます。

デッド ピクセル テスト用に画面を準備する

画面のデッド ピクセルをテストする前に、テストが可能な限り正確であることを確認するために、いくつかの準備手順を完了する必要があります。

画面をきれいにする

デッド ピクセル テストを開始する前に、画面を完全にクリーニングすることが重要です。ほこり、汚れ、およびその他の破片は、テスト結果の精度に影響を与える可能性があるため、画面ができるだけきれいであることを確認する必要があります. 画面をクリーニングすることで、死んでいるように見えるピクセルが、汚れやほこりで覆われているだけでなく、実際には死んでいることを確認できます。これにより、画面の状態をより正確に把握できます。デッド ピクセル テストの前に画面をクリーニングするには、柔らかく高密度の布が必要です。偶発的な損傷を避けるために、画面またはモニターの電源を切ることから始めます。次に、完全にきれいになるまで、画面の隅々まで布で優しく慎重にこすります。これにより、ほこり、汚れ、

画面がはっきりと見えるようにする

また、視界を変える可能性のある障害物、影、または光の反射がなく、画面がはっきりと見えるようにする必要もあります。画面がはっきりと見えるようにするには、次の手順に従います。

  1. 部屋の照明を消して、スクリーンだけが光源になるようにします。
  2. ランプやカーテンなど、画面に影を落とす可能性のあるオブジェクトを移動します。
  3. 画面の真正面に立ち、画面が視線に対して垂直になるように視野角を調整します。
  4. 画像に歪みが生じる可能性があるため、偏光レンズ付きのメガネを着用していないことを確認してください。

これらの手順に従うことで、画面がはっきりと見えるようになり、デッド ピクセル テストの結果が可能な限り正確になります。

デッド ピクセル テストの実行

画面のデッド ピクセルをテストするには、オンラインのデッド ピクセル テスト ツール、ビデオのデッド ピクセル テスト、手動のデッド ピクセル テストなど、いくつかの方法があります。このセクションでは、これらの各方法について説明し、デッド ピクセル テストを効果的に実行する方法について順を追って説明します。自動化されたアプローチを好む場合でも、画面を手動で検査することを好む場合でも、私たちはあなたをカバーします. それでは、始めて、画面が正しく機能していることを確認しましょう。

オンライン デッド ピクセル テスト ツールの使用

オンライン デッド ピクセル テスト ツールは、画面のデッド ピクセルをチェックする簡単で便利な方法です。DeadPixelTest.org では、無料のデッド ピクセル テスト ツールを提供しています。このようなツールを使用すると、画面上のデッド ピクセルをすばやく簡単に特定できます。このセクションでは、オンライン デッド ピクセル テスト ツールを使用するプロセスについて説明します。

  1. オンライン デッド ピクセル テスト ツールにアクセスするには、DeadPixelTest.orgにアクセスしてください。
  2. ウェブサイトにアクセスしたら、「画面をテストする」というボタンをクリックするか、色を 1 つ選択してテストを開始します。
  3. オンライン デッド ピクセル テスト ツールを使用すると、画面にさまざまな色が次々に表示されます。
  4. 画面に表示される各色を注意深く調べて、デッド ピクセルがないか確認します。デッド ピクセルは、色付きの背景に黒い点として表示されます。
  5. オンライン デッド ピクセル テスト ツールによって表示されるすべての色を確認するまで、このプロセスを繰り返します。

デッド ピクセル テストを実行する

ビデオ デッド ピクセル テスト

ビデオ デッド ピクセル テストは、画面のデッド ピクセルをチェックするもう 1 つの簡単で効果的な方法です。DeadPixelTest.org には、一連のデッド ピクセル テストビデオもあります。この方法では、画面に一連の単色を表示するビデオを使用して、デッド ピクセルがないかどうかを検査できます。このセクションでは、ビデオ デッド ピクセル テスト方法を使用するプロセスについて説明します。

  1. ビデオ デッド ピクセル テストにアクセスするには、DeadPixelTest.org にアクセスしてください。
  2. ウェブサイトにアクセスしたら、「Play Video Test」というボタンをクリックします。
  3. ビデオ デッド ピクセル テストでは、一連の色とパターンが画面に表示されます。
  4. ビデオの各フレームを慎重に調べて、デッド ピクセルがないか確認します。
  5. ビデオ全体を確認するまで、このプロセスを繰り返します。

デッド ピクセル テストのビデオ

手動デッド ピクセル テスト

手動のデッド ピクセル テストは、画面のデッド ピクセルをチェックするためのより実践的なアプローチです。この方法では、無地の色を選択し、画面にデッド ピクセルがないか手動で検査します。このセクションでは、手動のデッド ピクセル テスト方法を使用するプロセスについて説明します。

  1. 最初は単色を選びましょう。カラー ピッカー ツールを使用するか、画面で見やすい色を選択できます。
  2. 選択した色をフルスクリーン モードで表示するように画面を設定します。
  3. デッド ピクセルがないか、画面全体を注意深く調べます。デッド ピクセルは、色付きの背景に黒い点として表示されます。
  4. このプロセスを別の色で繰り返して、画面のデッド ピクセルを完全にチェックしたことを確認します。

デッド ピクセルとスタック ピクセルの違い

デッド ピクセル テストを実行する場合、デッド ピクセルとスタック ピクセルの違いを理解することが重要です。デッド ピクセルとは、画面に何が表示されているかに関係なく、黒いままの単一のピクセルです。一方、スタック ピクセルは、別の色を表示する必要がある場合でも、点灯したままのピクセル、または単一の色を表示するピクセルです。これら 2 種類のピクセルの違いを理解することは、それらを正確に識別して修正するために非常に重要です。

デッド ピクセルの特定

デッド ピクセルは、色の欠如または表示によって識別でき、通常は黒で表示されます。デッド ピクセルを識別するには、通常、画面に無地の色 (通常は白) を表示するのが最適です。ピクセルが黒のままの場合、それはデッド ピクセルと見なされます。デッド ピクセルは、画面に画像やビデオが表示されているときはすぐには目立たない場合がありますが、画面が単色で表示されている場合はより顕著になることに注意してください。

スタック ピクセルの識別

スタック ピクセルは、画面に何が表示されているかに関係なく、単色で表示されることで識別できます。スタック ピクセルは、1 つの色、または 2 つ以上の色の組み合わせを示します。スタック ピクセルは、ピクセルを構成する 1 つ以上のサブピクセル (赤、緑、青) が「オン」の位置でスタックしている場合に発生するため、意図した色とは異なる色が表示されます。スタック ピクセルが表示する色は、スタックしているサブピクセルによって異なります。たとえば、赤のサブピクセルだけがスタックしている場合、そのピクセルは赤く表示されることがあります。緑のサブピクセルがスタックしている場合、ピクセルは緑を表示し、青のサブピクセルがスタックしている場合、ピクセルは青を表示することがあります。2 つ以上のサブピクセルがスタックしている場合、そのピクセルはスタックしているサブピクセルの組み合わせである異なる色を表示する場合があります。またはマゼンタ。動かなくなったピクセルを識別するには、画面にさまざまな色を表示し、ピクセルが単一の色で点灯したままかどうかを観察するのが最善です。ピクセルが単色で点灯したままの場合、スタック ピクセルと見なされます。画面が白や水色などの明るい色を表示している場合、これらの明るい背景に対してスタック ピクセルがより目立つため、スタック ピクセルがより目立つことがあります。

デッド ピクセル テストの後はどうすればよいですか?

デッド ピクセル テストを実行したところ、画面上に 1 つ以上のデッド ピクセルまたはスタック ピクセルが見つかった可能性があります。次に何ができるかを認識することが重要です。デッド ピクセルまたはスタック ピクセルの処理に関しては、それらを修正する際の制限を理解することが重要です。デッド ピクセルは、ピクセルを構成するサブピクセルが永久に損傷しているため、修正できません。ただし、サブピクセルの回路の中断によって引き起こされるスタック ピクセルは、多くの場合、ソフトウェアまたは手動の手法を使用して修正できます。より広範な情報については、デッド ピクセルまたはスタック ピクセルを修正する方法に関する記事をお読みください。また、市場で最高のスクリーンブランドと最悪のスクリーンブランドに関する統計を収集するために、テストがどのように行われたかをお知らせください.

これらの方法のいずれも機能しない場合、または画面に多数のデッド ピクセルがある場合は、画面の交換が必要になることがあります。このオプションを検討するときは、画面の保証を確認し、交換用画面のコストと新しいデバイスのコストを比較検討することが重要です。